キャリアについて考える会【第1回】

障害者就職支援スクール『バブスクール』の開催レポート

障害者の就職支援スクール【バブスクール】 > 開催レポート >キャリアについて考える会【第1回】

キャリアについて考える会【第1回】

 第1回キャリアについて考える会 開催レポート

2010年7月13日(火)「第1回 障害者の方のキャリアについて考える会」について開催レポートを報告致します。
k11.jpg

k12.jpg

◆開催概要
・ 日 時  2010年7月13日(火) 19:00-22:00
・ 場 所  BABスクール セミナールーム
・参加人数 12名
・障害種類 聴覚障害(ろう、難聴者)、視覚障害(全盲)、内部障害
・開催内容 【第1部】 講演 BABスクール代表 杉本 大祐
        キャリアアップに向けて準備するべきこととは?
        【第2部】 グループディスカッション
        職場で感じるキャリアップへの課題と解決方法
        【第3部】 交流会


◆開催レポート
 【第1部 講演】
 参加率が100%という驚異的な関心度合、高まる緊張の中、当校代表の杉本からキャリアアップについてお話をさせて頂きました。まずは障害をお持ちの方のキャリアップを取り巻く環境の変化について日本の雇用制度、障害者採用枠など多面的な切り口で状況をお話させて頂き、本当の意味でのキャリアップとは何か?について当校の考えをお話させて頂きました。参加された方々の反響もあり、30分もあっという間に過ぎてしまいました。

 【第2部 グループディスカッション】
 講演を通して問題提議をさせて頂き、2グループに別れてディカッションを行いました。参加された方々は障害も違えば、一人ひとりの思うキャリアップの定義も異なっていましたが、その中でも共通していた課題というのは「コミュニケーション」「環境」といったキーワードでした。まだまだ具体的な解決策はでませんでしたが、聴覚に障害を持たれた方に対し、視覚障害を持たれた方が、ご自身がどのようにコミュニケーションの課題を乗り越えてきたか?といったアドバイスをされていたり、踏み込んだ質問や議論が多く出ていたことがとても印象的でした。

 【第3部 交流会】
 まだまだ、ディスカッションも盛り上がる中、参加者の継続的な交流を深める目的で、簡単な飲み会を催させて頂きました♪みなさん入り乱れながら自己紹介や、職場での悩み、そしてお互いの夢についてお話をされていました。

 【総括】
 今回、はじめてキャリアについて考える会を開催させて頂きましたが、改めて非常に根が深く、まだまだ具体的な解決策や事例が少ないことが浮き彫り化されたような印象を受けました。やりたいことが障害の有無に関わらず本当にできる社会。このような社会になるまでには一つ一つ今回出てきた課題をクリアしていかなければいけないと改めて実感しています。しかし、今回はわざわざ静岡や長野からお越し頂いた方もいらっしゃったり、ご自身で何とかしようと行動されている方が想像以上にいらっしゃったということがとても大きな希望のように思えました。当校はこの会を今後も継続し、みなさんで議論し、世の中へ広く発信していければと思っています。
あきらめないこと。夢を持ち、行動し続けることが何よりも一番の近道です。

k13.jpg

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

ご参加頂いた皆様、本当に有難うございました。

 



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
BABスクールではすべてのセミナー・講座において、
ご希望の情報保障・障害配慮いたします。
・手話通訳、要約筆記対応
・講座資料のテキストデータ送付
・講座テキストの拡大資料
・最寄駅からセミナールームへの送迎
・バリアフリーな会場
※その他、必要な障害配慮がございましたらお気軽にご相談下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

お問い合わせ・資料請求はこちら

資料請求はこちら 個別相談の申込み(無料)