ヘルスキーパーセミナー開催レポート

障害者就職支援スクール『バブスクール』の開催レポート

障害者の就職支援スクール【バブスクール】 > 開催レポート >ヘルスキーパーセミナー開催レポート

ヘルスキーパーセミナー開催レポート

開催日時:2011123日(土)

 

 

今回は、日本視覚障害ヘルスキーパー協会様と連携して、

 

『施術スキルに加えて、ヘルスキーパーに求められる+αの力』

 

をテーマにセミナー行いました!

 

 

現在、ヘルスキーパーとして働いている方にとっては、

 

『より会社から求められるヘルスキーパーになるため』

 

これからヘルスキーパーを目指す方にとっては、

 

『ヘルスキーパーを目指す多くのライバルとの差別化を作るため』

 

が、主な参加理由でした。

 

 

ヘルスキーパーのスキルアップ、キャリアアップに関心がある方は多いですが、

なかなか情報が入ってこないのが現状です。

 

ヘルスキーパーから見た視点、企業側から見た視点を伝えるために、

今回のセミナーは2部構成で行いました。

 

 

第一部では、日本視覚障害ヘルスキーパー協会の幹事を務める星野様にご協力頂いて、ご自身の経験とヘルスキーパー協会のデータをもとに

 

・そもそもヘルスキーパーとは何か

・ヘルスキーパーの人数や具体的な業務内容、そして処遇について

・最低限必要とされるスキルと+α求められるスキルについて

 

ざっくばらんにお話頂きました。

 

参加者の皆さんにとっては、これまで一部の企業のヘルスキーパーの情報しか入ってこないため、非常に参考になったようです。

 

 

第二部では、弊社代表の杉本から、今までのリラクゼーションルームの立ち上げや、ヘルスキーパーの採用のサポートをしてきた経験と、採用企業の人事の方や現場の方の生の声をもとに、

 

・企業にとってのヘルスキーパーの位置付け

・ヘルスキーパー本人と採用企業との考え方の違い

・リラクゼーションを目的とした時に、どのようなスキルを身に付ければ差別化につながるのか

 

などをお伝えしました。

 

その後は、ざっくばらんに、

・現在、抱えている悩み

・マッサージルームの稼働率や料金設定

・マッサージの利用率を高める施策や工夫について

・自分自身、今後何を見に付けたいのか

 

など、それぞれの考えや職場の話などを中心に情報交換を行いました。

 

施術スキルだけでなく、

 

『企業の重役が来た時のためにビジネスマナーを身に付けたい』

 

『少人数の職場なので、関係性を良好に保ち続けるために、確実なビジネスコミュニケーション能力を身に付けたい』

 

『身体的だけでなく、精神的にもスッキリして、またマッサージを受けに行きたい、と思ってもらえるようなコミュニケーションやカウンセリング力を習得したい』

 

ヘルスキーパーとして第一線で働いている人の生の声は、

これから就職を目指す方にとっては、とても参考になったと思います。

 

今後も参加者の皆さんにとって、少しでも有意義な情報交換が出来るように、継続的な情報発信、情報交換の場を作っていきたいと思います。

 

ヘルスキーパーの就職、スキルアップ、キャリアアップについてお悩みの方はお気軽にご相談下さい!

 

ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました!

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
BABスクールではすべてのセミナー・講座において、
ご希望の情報保障・障害配慮いたします。
・手話通訳、要約筆記対応
・講座資料のテキストデータ送付
・講座テキストの拡大資料
・最寄駅からセミナールームへの送迎
・バリアフリーな会場
※その他、必要な障害配慮がございましたらお気軽にご相談下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

お問い合わせ・資料請求はこちら

資料請求はこちら 個別相談の申込み(無料)