バブスクールの想い

障害者の就職支援スクール『バブスクール』

バブスクールの想い

私たちは、障害を持っている人が『特別』だとは思っていません。
障害を持っているから『無理』『できない』とは思いません。
「障害」が「個性」だとも考えていません。

わたしたちが思うのは、「健常者」「障害者」の前に、ひとりの人間だということ。

ただ社会に出ると、異なる状況がありえます。
誰もが自分の好きなことに向かって挑戦できる社会には遠い環境だといえます。

「障害があるから…」

とネガティブに接してきた周りの人たち。

「障害があるから…」

と挑戦する前からあきらめていた当事者の人たち。

私たちは、障害の有無にかかわらず、誰もが夢を持ち、挑戦してほしいと思っています。
もう一度、こどものころの夢を思い出してみてください。

夢を持ち、それを叶えるために頑張ることは、誰もが平等に持つ権利です。

夢を叶えるために挑戦する姿。
一生懸命に夢を探している姿。

私たちは、それを全力で応援する生涯のサポーターでありたいと考えています。
皆さんの夢を叶えることが、私達の夢です。