学校・施設・団体の方へ

障害者の就職支援スクール『バブスクール』

学校・施設・団体の方へ

バブスクールでは、就労支援施設や特別支援学校様のご要望に合わせた連携を大切にし、一人でも多くの障害をお持ちの方の自立へとつながればと考えております。 以下にバブスクールからご提供できるサポートと過去事例を記載しております。 すべて無料で行っているサポートですので、是非まずはお気軽にご相談ください。

バブスクールで出来る事

  • 講演会
  • 各種セミナー
  • 出張講座
  • 就職カウンセリング
  • 就労支援
  • 企業紹介 ...etc
お問い合わせ先
TEL
03-5439-9766
MAIL
info@d-and-i.jp
担当
バブスクール相談事務局宛て

事例1.千葉県立障害者高等技術専門校.2009年10月29日

授業のお時間を頂き、弊社代表取締役杉本大祐が、障害者雇用マーケットの現状と今後の変化のトレンド、企業が求める人物像や身に付けるべきスキルをお話しさせて頂きました。今回で、杉本が話をさせて頂くのは5年目となりますが、例年以上に、非常に盛り上がった回となりました。
セミナー内容
  • 障害者雇用マーケットの現状
  • 企業に求められる人物像、身に付けなければならないスキル
  • 就職活動におけるよくあるQ&A
個別面談
現在の就職活動における悩み相談、応募書類の作成方法や面接対策、自分に合った求人企業の見つけ方
開催日時
2009年10月29日(木)
場所
千葉県立障害者高等技術専門校 セミナールーム
当日参加者数
セミナー参加者:約30名
個別相談参加者:12名
(身体障害、聴覚障害、視覚障害をお持ちの方にご参加頂きました。)
千葉県立障害者高等技術専門校での講演風景

生徒様に向けて話す校長の杉本
みなさん熱心にお話を聞いていらっしゃいました。

事例2.東京都立中央ろう学校2010年3月4日

東京都立中央ろう学校の進路ガイダンスの時間を頂いて、校長 杉本大祐が、夢ややりたいことを持つ大切さや実現の仕方、大学進学や就職した後、周囲の人たちとどのようにコミュニケーションを取ればよいのか、などをお話しさせて頂きました。 参加して頂いた皆様は、90分に及ぶ杉本の講演を熱心に聞いて頂き、講演終了後も質問をするなど、非常に積極的でした。
講演内容
  • 夢を持つことの大切さ、夢の実現の仕方
  • ろう学校以外の友達づくり、コミュニケーションの取り方
  • 就職・大学進学時に、障害について、どのように周囲に伝えれば良いのか
開催日時
2010年3月4日(木)
開催場所
東京都立中央ろう学校 教室
参加人数
東京都立ろう学校高校3年生 12名

事例3.練馬区立貫井福祉園・貫井福祉工房2010年6月18日

練馬区立貫井福祉園・貫井福祉工房よりご依頼を頂いて、これから就職を目指す利用者の方々に対して、働くということはどいうことなのか、企業とはどういうものなのか、企業で働く上で抑えておかないといけないビジネスマナーやコミュニケーションの注意点、などをお話しさせて頂きました。 参加して頂いた皆様は、1時間を超える杉本の講演を熱心に聞いて頂き、講演終了後も質問や自分自身の想いを話してくれるなど、非常に印象的でした。 これからもどうぞよろしくお願い致します。
講演内容
  • 働くということ、会社とは何か
  • ビジネスマナー(挨拶、身だしなみ、時間を守る)
  • ビジネスコミュニケーション(指示をもらう時と報告をする時に注意すること)
開催日時
2010年6月18日(金)
開催場所
練馬区立貫井福祉園・貫井福祉工房
参加人数
練馬区立貫井福祉園・貫井福祉工房利用者 14名
練馬区立貫井福祉園・貫井福祉工房での講演風景

講演開始。まだみなさん緊張されている様子。

練馬区立貫井福祉園・貫井福祉工房での講演風景

みんなで挨拶しています!

何か私どもにお力になれそうな事がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。