本木 裕恵様 (20代)女性 視覚障害

障害者就職支援スクール『バブスクール』受講者の声

本木 裕恵様 (20代)女性 視覚障害

本木 裕恵様 (20代)女性 視覚障害
ビジネスソーシャルスキル講座受講 通信系企業へ入社決定

 

Q1.ビジネスソーシャルスキル講座を受講しようと思ったきっかけを教えて頂けますか?

 

はい。2点あります。

ひとつめは、就職活動、ならびに実際働いてからの仕事について、参考になると思ったからです。
もうひとつは、バブスクールの講師やスタッフの方々(川村さんや杉本さん)ともっと深く関わりたい、と思ったからです。
関わることを通して、例えば、会話の中でも様々な企業の情報が入ってくるのでは?という下心がありました(笑)。

 

Q2.ありがとうございます!では、実際に受講した感想を教えて頂けますか?

 

今後40年近く働いていく中で、損をする情報は1つとしてない、と確信しました。
「本にも書いていない」、「研修でも習わない」ことが満載で、ここでしか得られないものを頂いたと思いました。
社会人経験のない私にも、非常にわかりやすい内容で、講師の杉本さんの話し方は本当に魅力的でした。
ご自身の経験を踏まえてお話して下さるので非常にイメージしやすかったですし、ゆっくりと講義を進めて下さるので落ち着いて受けることができました。
また、重要なポイントを強調して頂けるので、覚えきれないと思った時にも混乱することがありませんでしたし、質問にも丁寧に答えて頂けるのでとてもわかりやすかったです。

学ぶ講座内容に加えて、他の受講生との関わりという点でも有意義でした。現在、私は精神障害分野の勉強や実習を行なっています。
なので精神障害始めとした他の障害について関心があります。今回は視覚障害の方だけでなく、発達障害の方がいて、「具体的にどんな仕事内容をしていて、どのようなことで困っているのか?」という生の声を聞くことが出来ました。

もし、私自身が人事部にいたとしたら、どのようなサポートをしていけるのか、どのような対応をしたらいいのか?を考えていて、答えが少し見えてきた気がしています。

講座内容以外にも気づきがありよかったです。

 

Q3.色々な気づきがあったようで嬉しい限りです。さて就職活動に備えて受講されましたが、就職活動では何か困ったことはありましたか?

 

そうですね。
情報収集する際に、HPによっては画像形式になっていて、例えば採用ページに情報が音声読み上げソフトで、読みあげることが出来ずに、他の人に読んでもらわないといけないことがありました。

また、情報を集めて、志望動機を考えるときも困りましたね。
やはり、なかなかHPからだけの情報だと、イメージが湧かず、志望動機がなかなか作れませんでした。
説明会に行くと、色々と質問が出来、作りやすかったですね。
しかし、そもそも興味が薄い業界では、説明会に行っても、イメージがなかなか湧きませんでしたが。

 

Q4.色々と大変でしたね。就職活動のときに心がけた工夫があれば、教えてもらえますか?

 

2点あります。
ひとつは自分の障害に関する情報を履歴書とは別に自己アピール書の中に盛り込んで伝えたことです。
自分が出来ること、出来ないこと、求める配慮、自分なりの工夫を、自分から発信することを心がけました。

ふたつめは、「学ぶ」ということです。
今回受講したビジネスソーシャルスキル講座もそうですし、パソコンのスキルを磨くことを心がけていました。
学ぶ中で、自分自身の仕事に対する意欲も高まりますし、面接時にアピール材料としても使えました。

 

Q5.素敵な心がけですね。今の会社に入社を決めた理由は何ですか?

 

もともと業種ではなく「人をサポートできる会社」を軸に就職活動をしていました。
また、障害配慮についても着目していました。
具体的には、「障害者だから、これとこの仕事だけ」や「障害者だから、契約社員」といったように、障害を理由に何かしら、制限されるのが嫌でした。働いている友人からは、自分だけ会議に出ることが出来ない、というのを聞きましたが、私はそのような環境は嫌でした。

入社を決めた会社は、不条理な差別はなく、障害の有無に関らず評価基準は同じ。
また、障害があったら、もっと努力しないといけない、というスタンスが、私にとっては良かったです。

 

Q6.そうなんですね。最後に今後の夢や目標を教えて頂けますか?

 

今考えているのは、下記の4つです。

①会社の管理部門で働くことで、社員から「頼りになる」「何でも相談できる」と思われる存在となりたい。
②今まで障害に関することを勉強してきたので、勉強した内容と自分自身が視覚障害を持つ当事者として、採用活動をしてきた経験を組み合わせて、障害を持った方の就職活動をサポートしていきたい。
③どんな障害を持つ人が接客や営業をしていても、あたりまえに感じられるような社会作りに貢献したい。
④共働きが大変でも子育てが忙しくても、ずっと社会で働き続けたい。

 

素敵な目標ですね。どうもありがとうございました!



******************
インタビュアーより
一見すると、おとなしそうな印象がありますが、
・非常に学ぶことに貪欲であること
・自分自身の考えが明確で、行動に移すことが出来ること
が非常に印象的です。 ぜひ、視覚障害をお持ちの方々にとってよき先輩として、ロールモデルになっていって欲しいと思います。 また、他の障害の方々を含めて、「働きやすい環境づくり」に一緒にチャレンジしていきたいですね!

----

今回、本木様が受けられた講座は、ビジネスソーシャルスキル講座です。
ご興味をお持ち頂けた方は、お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

----

はじめての方はこちら

資料請求はこちら 個別相談の申込み(無料)