U.T様 視覚障害

障害者就職支援スクール『バブスクール』受講者の声

U.T様 視覚障害

U.T様 視覚障害
カウンセリング講座受講

Q1.バブスクールを知ったきっかけを教えてもらえますか?

 


バブスクールに通っている友人から教えてもらいました。
初めて聞いた時は、「障害に配慮したビジネススクールというのがあるんだ~」と思っていたくらいなのですが、
友人が事務の勉強だけでなく、カウンセリングについて学んでいることを知り、
興味を持ちました。

またバブスクールへは、視覚障害だけでなく、他の障害を持った方も通っているというので、
あらゆる方と出会う機会があると聞きました

自分にとって良い経験になると思いましたし、人脈も広がっていく、というところに興味をもち、
詳しくホームページを調べました。

Q2.そうだったんですね。特にカウンセリングに興味があったのはなぜですか?


高校生や大学生の頃から心理学やカウンセリングに興味がありました。
しかし、大学では、音楽の勉強のみをやっていたということもあり、
カウンセリングは、興味はありつつも、勉強したことのない分野でした。

もともと人の話を聞くことが多く、好きでもありました。
ただ聞くだけでなく、せっかく相談をうけたからには、
相談をした相手に、「話をしてよかった」と思ってもらったり、
相手にとってプラスになるアドバイスができるためのスキルを得たいと思っていました。


Q3.実際に受講してみていかがでしたか?



講座では、杉本先生のカウンセリング経験の中から、具体的なエピソードをたくさん紹介していただいたり、
ロールプレイングの機会が多く設定され、実践的だったところが良かったです。

実践重視で、他の受講生のロールプレイングを見る機会も多かったですが、
話の聴き方にもタイプの違いがあったことが印象に残っています。

受講生の中には、相手の核心にどんどん切り込んで話を聴いて行くタイプの方がいて、
私は、天気の話などアイスブレークを挟みつつ、外堀を埋めていくタイプだったので、
お互いのカウンセリングスタイルにギャップがあり、真逆だった部分を比較し合うことが出来て、とてもおもしろかったです。


Q4.それぞれに特徴がありましたよね。今回は、ろう者の受講生と一緒に学びましたが、いかがでしたか?



もともと受講前から特に心配はしていませんでした。
ご一緒した方も明るくおしゃべりな方だったので困ったことは特にありませんでした。

加えて、手話通訳の方がいたので、直接聞きとれない部分があった時は、カバーしてもらうことが出来、心強かったです。

休み時間には、手話で、自己紹介の仕方やあいさつを教えてもらいました。
出身地や趣味に共通点もあり、もっとお話しが出来そうでした。


Q5.一緒に学ぶことで、色々な気づきがありますよね。講座が終了して、
現在考えている今後の夢や目標を教えてもらえますか?



現在行っている仕事は、初対面の人と出会う機会がとても多い仕事です。
加えて、人から話をしてもらうことが多いので、カウンセリング講座で勉強した、
『信頼関係の作り方』や『話しやすい雰囲気づくり』、『相手の話の引き出し方』を、
ぜひ、参考にしたいと思います。

また、バブスクールのカウンセリング講座を受講して、
もっとカウンセリングについて学びたいという気持ちが湧いてきました。

具体的には、心理学の観点からカウンセリングがどのように考えられているのか、
概念的な部分から勉強していきたいです。

バブスクールで学んだことと、新しく学ぶことを組み合わせて、
もっとカウンセリングの可能性を追求していきたいです。


******************
インタビュアーから

もともと、とてもやわらかい雰囲気のUさん。
ロールプレイングをしている時も、
ついつい自分の悩んでいることを打ち明けたくなるような雰囲気を持っています。

きっとこれから彼女を頼りカウンセリングに訪れ、
悩みがすっきりしていく人が増えていくはずです。

講座が終わってこれからが本番。


これからも一緒に頑張っていきましょう!

 

----

今回、U様が受けられた講座はカウンセリング講座です。

また、こちらの人事スキルアップ講座でもカウンセリングについて講義を行っております。

ご興味をお持ち頂けた方は、お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

----

はじめての方はこちら

資料請求はこちら 個別相談の申込み(無料)