導入事例

D&Iのサービスを利用された
お客様事例を紹介いたします

障害者雇用というよりも、働き方改革。将来的にはどの社員でもテレワークを利用できるようにしていきたい。

TMES株式会社様

経営管理本部
人事部長 舘野 栄吉様
人事副部長 兼 人事企画課長 科野 辰也様
人事部 採用課長 笠原 浩子様

利用サービス在宅雇用導入支援  コンサルティング  

関連キーワード:#業務切り出し #戦力化 #働き方改革

法定雇用率を満たす採用と定着、両方が課題に

――D&Iのサービスをご利用いただく前の御社の障害者雇用のご状況についてお聞かせください。
法定雇用率に対する雇用人数の不足、採用に成功しても入社者の定着が思うように図れないという二つの課題に悩んでいました。
建物の総合保守メンテナンスを行う当社は勤務地が分散しており、顧客先の事業所で障害者の方に勤務していただく場合には少数の従業員でサポート体制を組む必要があります。
そのため現場の負担を考慮すると、自ずと本社のような人手の多い事業所で雇用する形になるのですが、それでも受け入れられる人数に限界がございます。
事務職での受け入れのみならず、ヘルスキーパーの採用によって新たにポジションを作るなど、八方手を尽くしましたがなお不足している状況が続き、2018年の法定雇用率の引き上げでさらに追い打ちをかけられていました。

――法定雇用率の引き上げ後は、どのように採用活動を進めたのでしょうか?
新しい打ち手を探して障害者支援センターに相談したり、ハローワーク主催の合同面接会に参加したりしました。
しかし、面接会やハローワークからの紹介を通じて毎月一定の応募数はあっても、是非採用したいと思うような候補者は他社との採用競争になってしまい、採用に繋げるのが難しい状況でした。

――入社後の定着に関する課題についても、もう少しうかがえますでしょうか。
当社側が継続的に業務を用意することが難しかったり、本人の障害の特性と就業環境の間に予期せぬミスマッチが生まれたりしたことで退職者が出ていました。
業務に関しては、1つの部署から切り出せる量には限りがありますので、当社側としても努力を重ねたものの継続的に業務を捻出するのが難しい状況でした。
同時に、業務を設計する所属部署の負担が増えてしまうという課題にも頭を悩ませていました。

業務設計と定着が同時に実現できるサービス

――人材紹介や採用面接会等、他の採用手法と比べた際にエンカクをお選びいただいた理由はありますか?
採用活動における競合企業がアプローチしていない人材の層にアプローチできる点に興味を持ちました。
これまでは障害者手帳の所持者全体のわずか10%程度と言われる一部の方を採用対象として考えていたために、大手企業と競わなくてはなりませんでした。
テレワークという手法で雇用することで通勤型の働き方が難しい方まで採用のターゲットに含めることができ、他社との競合を避けて採用に結びつけられる、という提案をD&Iから受け画期的な発想だと思いました。

――エンカクを導入いただいた決め手をうかがえますでしょうか。
採用のみでなく業務の切り出しの段階から支援していただけることが決め手の一つでした。
他社ではどういった業務をテレワーカーに任せているかという事例の情報や、各部門から業務の案を募集する際に使うアンケートフォーマットなど、切り出しに必要な細かい情報をD&Iから全ていただけたので大変助かりました。
また、切り出しを行う趣旨を各部署のマネージャーやメンバーに理解してもらう必要がありますので、その説明方法をD&Iがレクチャーしてくれたことも、業務設計をスムーズに行うために効果的でした。

――会社としても初のテレワーク雇用ということですが、導入にあたり大変だった点はありますか?
情報セキュリティ対策については、社内の情報システム部門と連携して秘密保持の規約を一から作るなどの体制を整えるまでは大変でした。
パソコンの使用方法に関しても、テレワーカーとのやりとりは全てメールや電話になるので、慣れるまで苦労もありました。
ですが、導入から1か月が経過して徐々に軌道に乗ってきたように感じています。
エンカククラウドによって、就業者の日々の体調や業務の状況が可視化されており、何かあった際にはD&Iのフォローも受けられるので安心できます。

――現在テレワークで就業されている方は、どんなお仕事をされているのですか?
テレワークで就業いただいているTさんには、紙ベースの書類をデータ化する作業などをお任せしています。
一見簡単に思えますが、手書きの書類はもとの文章に書き損じがある場合もあるので、目視でチェックした上で確認や修正が必要となり、意外に複雑な作業です。
Tさんはただパソコンで書き写すのではなく、内容の細かい部分までチェックし誤りを修正した上でデータ化してくださるので非常に助かっています。

入社者の予想以上の活躍に、もう1名の採用を決定

――テレワーク型の雇用の場合、通常のオフィス勤務と比べて何か違いを感じることはありますか?
現在テレワークで勤務していただいているTさんは、前職の大手企業で管理職や海外勤務のご経験もあるような優秀な方です。
半身麻痺の障害をお持ちであることにより通勤は難しいものの、ビジネススキルの高い方で細かい部分にも気が付き「この書類はもっとこうしたらどうでしょうか」と積極的に提案もしてくれるので助かっています。
Tさんの日々の業務のフォローをする専任社員がいるのですが、その社員が体調を崩したときにはTさんの方から社員のことを心配してくれる様子も見受けられ、在宅勤務であっても社員同士の血の通ったコミュニケーションが日常的に取れていると思います。
部署の一員としての存在感を感じますね。

――昨年Tさんを採用、今年に入ってテレワーカーとしてもう1名の方を採用していただきました。雇用率の達成以外に、追加の募集に至った理由があればおうかがいできますか?
1人目として採用したTさんのスキルが素晴らしかったので、是非同じようにスキルの高い方に就業していただきたいと思ったことが理由の一つです。
自社の力だけではそういった方と接点を持つのは難しいですし、採用したいと思っても仕事の切り出し方がわからないため、D&Iがそういった人材を紹介してくれることはありがたいですね。
また、業務設計から、テレワーカーの方の能力をより活かせるようなフォローまでしてもらえるというサービスが非常に魅力でした。

障害者雇用というよりも働き方改革

――最後に、今後どのように障害者雇用に取り組まれたいか、お考えをおうかがいできますか。
今回テレワークで障害者の方を雇用してみて、Tさんのように高いスキルを持ちながらも、通勤が難しいというだけで活躍の場がない人が生まれている今の日本社会は、なんてもったいないんだろうと思いました。
当社としては、通勤が難しい人には引き続きテレワークで業務をお任せし、通勤ができる方には社内の事務業務をお任せするなど、その方に適した働き方を提供したいと思っています。
障害者雇用というよりも、働き方改革ですよね。将来的には障害者雇用に限らず、育児をしている社員や後天的に疾病を抱えた社員など、全ての社員の働き方を柔軟にしていくためにテレワークを利用できるようにしていきたいです。
その人に合わせた業務分担や働き方を選択できるようにすることで、組織としての生産性を総合的に上げていければと思っています。

利用サービス在宅雇用導入支援  コンサルティング  

関連キーワード:#業務切り出し #戦力化 #働き方改革

導入事例一覧